• HOME
  • ブログ
  • 暮らす
  • 【たまプラーザランチ情報】コスパ最高!500円で食べられるワンコインランチ

【たまプラーザランチ情報】コスパ最高!500円で食べられるワンコインランチ

暮らす

時間も予算もなくて、お昼はさっと済ませたいという時もあります。そんな時にワンコインで食べられるたまプラーザのリーズナブルなランチをご紹介します。

韓国家庭料理 さらん房

たまプラーザ駅から徒歩5分の韓国料理店。広々とした店内にはテーブル席とソファーのボックス席があり、席間も離れているのでゆっくりと食事ができます。日替わりランチが500円(税込)で、メインの料理の他におかず3品とスープがついています。他のランチは720~910円で、日替わりと同じくおかず3品が付き、ミニ冷麺がつくセットメニューは1,080円~あります。他に「一口ビール 290円」とメニューにのっている、それなりの量が注がれたグラスビールもあり、日替わりランチと一緒に注文しても1,000円でお釣りがくるのはビール党には嬉しいですね。

黒龍

創業40年、たまプラーザの老舗中華料理店、黒龍。メニュー豊富で、何を食べようか迷ってしまうこのお店にも、500円(税抜)ランチが2種類もあるんです! 1つ目は週替わりのワンコインランチで、メイン料理+ライス+スープ+香物がついています。2つ目の定番のワンコインランチは、牛すじカレーにスープが付いています。どちらも限定20食の早い者勝ち♪ ほかにも907円の週替わりランチや、ランチ限定の丼などがあり、ランチタイム限定で杏仁豆腐の無料サービスがあります。キッズメニュー、ソファー席や子供用のイスもあるので、家族での食事にもピッタリですね。

CONA たまプラーザ

ピザ、パスタ、ドリンク、デザートなど、一部を除いてほとんどのメニューが1品500円(税抜)でいただける、おしゃれな店内のお店です。500円とは思えないパリパリ生地の大きなピザは、食べ応え抜群♪ 種類もたくさんあるので、何度行っても飽きません。ランチタイム限定のランチセットはピザorパスタ + サラダ + ドリンクを800円でいただけます。またランチタイム限定で、300円で“おかわりピザ”を注文することもできますよ。おしゃれな店内に、ボックス席やソファー席が多数あるので、ゆっくりとくつろぎながら食事をすることができますね♪

くら寿司 たまプラーザ駅前店

皆さんご存じ回転寿司で有名なチェーン店、くら寿司です。1皿に2貫のって100円(税抜)なので、ワンコインで5皿食べられます♪ ほかにも平日限定130円のかけうどんや、他のうどんも280円。また390円の天丼やラーメンなどもあり、寿司だけではなくいろいろな食事を楽しむことができます。ほとんどがソファーのボックス席でデザートのメニューも充実しているので、食事の最後まで子どもが退屈せず、親も落ち着いて食事ができますね。カウンター席もあるので、1人で行ってサッと食事をすることもできますよ。

丸亀製麺 たまプラーザテラス店

たまプラーザテラスのフードコート内にある店舗です。たまプラーザでリーズナブルに食事ができる数少ない場所にお店があるため、まずは席の確保が必須です! かけうどんや釜揚げうどんが290円(税込)、大きなおあげがのったきつねうどんが430円など、500円以内で食べられるメニューが多数あります。天ぷらは、ボリューム満点の野菜のかき揚げが130円、さつまいも天が110円で、こちらも多種類あり。いなり寿司が1つ100円なので「かけうどん + さつまいも天 + いなり寿司」の組み合わせで、ぴったり500円でお腹いっぱい食べることができますね!

溶岩焼ダイニング Campus たまプラーザ店

駅から少し離れた住宅街、國學院大學たまプラーザキャンパス近くにあるダイニングバー。ひと口大のチキンがたっぷり入った「ごろごろチキンカレー」が、平日のランチタイム限定でなんと500円(税込)で食べられるんです♪ その他のランチも680円~1,000円で、メイン料理にスープがセットでついます。ライスの大盛りも無料で、コストパフォーマンス◎なお店です。大学の近くにあるお店ならではのリーズナブルな価格設定で、店内も入りやすいカジュアルな雰囲気です。ソファー席もあるので、小さな子ども連れでもゆっくり食事できますよ。

スカイレストラン・ヒルトップ

國學院大學たまプラーザキャンパスには2つの学生食堂があり、そのうちの1つがこのヒルトップです。大学のグラウンド東側にある若木21という建物の5階にあり、眺望◎です。「ザ・学食」という雰囲気ですが、一般の人の利用も可能で、ボリュームたっぷりのメニューをお安くいただけます♪ 「今日のランチ」という日替わりの定食が、ご飯モリモリで500円(税込)♪ 麺類も380円~で食べられます。他にもワンコインで十分お釣りのくるメニューがたくさん! 学食なので、大学が休みの時期などは短縮営業などありますが、Facebookで営業日カレンダーをお知らせしているので、確認してから利用してみてくださいね。

 

カフェラウンジ 万葉の小径

前にご紹介したヒルトップに続き、國學院大學のもう1つの学生食堂が、万葉の小径です。こちらはイスやテーブルのデザイン、ところどころにかけられた絵もおしゃれで、学食っぽくないカフェのような雰囲気。キッズスペースや子ども用のイスもあって利用しやすいこともあり、子ども連れのママ達をよく見かけます。日替わりの「万葉定食」は500円(税込)。甘辛い味付けでごはんが進む、1番人気の「とり天丼」は420円で食べられます♪ カフェカウンターが食事のカウンターとは別にあり、こちらは180円~コーヒーなどのドリンクがあります。ここで焼いているパンも人気で、1番人気のメロンパンは生地がサクサクで子どもにも人気、あっという間に売り切れてしまう1品です。食事はもちろん、カフェとしても利用できるので、散歩中の休憩に寄るのもいいですね。

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。